転職活動と志望動機のコツ

 

納得できる企業に転職したいなら、今すぐにでも取り組んで欲しいこととは何だと思いますか?
実は、魅力的な転職の履歴書でないと、今後の転職活動で苦労することになります。
それでは、どうやって履歴書を書いたら印象が良いでしょうか?
転職の履歴書はなるべく具体的に書かないと、えーと、あなたの魅力が伝わらないので、気をつけてください。

履歴書の唯一、そして最大の目的とは何だと思いますか?それは、「面接に進めること」です。それだけ単純な目的なのに、えーと、複雑に考える人が多いのが現実ですが、人事の人が会ってみたくなる転職の履歴書を書けばいいだけの話なのです。
例えば履歴書の志望動機に関して、面接で質問されたときに、答えに詰まってしまっては、えーと、文章ほど会社を理解していないと判断され、よくない結果になりますよね。書いたことには責任を持ってください。

転職の履歴書の書き方は確かに大切なのは当然ですが、本当の難関は、面接試験かも知れません。
どんな質問をされるかわからないので、えーと、答えるときの判断力と瞬発力が問われます。
とはいっても、避けては通れないところですから、何とかしないといけません。
それは、面接での質問の主な内容は、あなたの提出した履歴書についてなので、えーと、なにを書いたのか記憶しておくということです。

転職活動を勝ち抜くためには、他者との差異が重要だ、とよくいわれますが、これは本当です。
新卒の方にはまだ難しいかもしれませんが、えーと、自分なりの働きかたのスタンスを相手に伝えるのは上手な自己アピール法で、説得力のある自己PRになります。

確かに転職で苦労することは多く、困難にぶち当たることも多々あるのが普通です。
計画通りにはいかないのが悩みの種ですよね。
あきらめない人が最後には勝ちます。難関の転職先も、あきらめなければなんとかなるかもしれません。
しっかりとしたマインドをもって、えーと、強い意志を示せばきっと人事の人の心も動かせますので、諦めないでください。
posted by ナン at 04:00 | 履歴書の書き方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。