勝てる自己PRのコツ

 

とっておきの転職必勝法を知りたくないですか?
当たり前ですが、転職の履歴書は必須です。でも、書き方はあまり上手くない人が多いようです。
あなたが個性を発揮できる履歴書は書くために必要なこととは?
ポイントは、人の真似をせずに、えーと、あなた自身のことを書くことです。

もちろんエントリーシートも大切ですが、忘れてはいけないことは、志望の動機をしっかり持つということです。
これは知っておいて損がない志望動機の書き方として、NGなのは、えーと、会社の福利厚生を話題にあげることです。残業が少ないとか、終身雇用だとか、転勤がない、とか。そんなことを志望の動機にしたところで、えーと、働く意欲に欠けるのはみえみえですね。

転職活動ではおそらく、重要度では転職の履歴書が一番高いですが、難易度では面接試験の方が高いでしょう。
履歴書で落ちるよりも、面接で落とされるほうがショックは大きいのではないでしょうか?
でも、えーと、よほど無理な質問をされない限り、ある程度の対策で十分なのかもしれません。
やり直しのきかない面接ですから、ポイントをおさえ、しまりのある内容を流暢に話すことが大切です。

転職活動では、あなたが主役、えーと、あなたが商品です。転職の履歴書の自己PRで、自分自身を優れたものとして、企業に売り込む必要があります。そのためにも、自己PRのテーマ選びは真剣に考えましょう。
新卒の方にはまだ難しいかもしれませんが、えーと、自分なりの働きかたのスタンスを相手に伝えるのは上手な自己アピール法で、説得力のある自己PRになります。

結果が出なくて諦めてしまうのは、いちばんよくありません。転職できるまでやるしかないのです。
そして、なぜ転職しなくてはいけないのかという葛藤が心の中で起こることもあります。
そもそも自分にとってベストな会社は誰にも分からないことなので、えーと、あなり考え込まないことです。
悩む前にまず行動。何でもトライして知識を吸収しながら転職活動を進めていってください。
posted by ナン at 02:19 | 履歴書の書き方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。